(後半部分)不健康で、発ガン作用のある食べ物トップ10-絶対に食べてはいけない

6) Refined ‘white’ flours. Refined flour is a common ingredient in processed foods, but its excess carbohydrate content is a serious cause for concern. A study published in the journal Cancer Epidemiology, Mile Markers, and Prevention found that regular consumption of refined carbohydrates was linked to a 220 percent increase in breast cancer among women. High-glycemic foods in general have also been shown to rapidly raise blood sugar levels in the body, which directly feeds cancer cell growth and spread.

6)精白された小麦粉(白い小麦粉)

白い小麦粉は多くの加工食品に使われている。しかし不必要な炭水化物を含むこの食品にはとても気をつけなければならない。ジャーナルキャンサーエピデミオロジー(ガンの研究誌)に掲載されたある研究報告によると小麦粉などの精製された炭水化物は乳がんの発がん率を220%上昇させるとのこと。高血糖を引き起こす食べ物を食べるということ自体が、ガンに栄養を与えていることあたり、ガンの成長と拡散を促している。

(ということは白いご飯や、日本人が普段口にしているパンのほとんどはダメってことか…。たしかにアメリカに住んでいた時は白いパンよりも全粒粉、ライ麦を使ったパンの種類が豊富だった。働いていた有機農家では皆、玄米を食べていたのを思い出す)

7) Refined sugars. The same goes for refined sugars, which tend to rapidly spike insulin levels and feed the growth of cancer cells. Fructose-rich sweeteners like high-fructose corn syrup (HFCS) are particularly offensive, as cancer cells have been shown to quickly and easily metabolize them in order to proliferate. And since cookies, cakes, pies, sodas, juices, sauces, cereals, and many other popular, mostly processed, food items are loaded with HFCS and other refined sugars, this helps explain why cancer rates are on the rise these days.
7)精製された砂糖(白砂糖)

白い小麦粉と同じように、精白された砂糖は血液のインシュリン値を急激に引き上げ、またガンに栄養を与えているということだ。フルクトース(果糖)に富む甘い食べ物(例えばコーンシロップ、特に悪い)はガンの代謝を促し、ガン細胞を激増させる。そしてクッキー、ケーキ、パイ、炭酸飲料、ジュース、ソース、シリアル等など、日常口にするものの中には(ほとんどが加工食品)、コーンシロップや白砂糖が山のように使われている。現代人がガンになるのは当然のことだ。

(今の子供たちが大人になった時、どうなっていのだろう。いろいろな利権が裏で絡んでいるから、砂糖がダメとはあからさまには言えないのだろうか)

 

8) Conventional apples, grapes, and other ‘dirty’ fruits. Many people think they are eating healthy when they buy apples, grapes, or strawberries from the store. But unless these fruits are organic or verified to be pesticide-free, they could be a major cancer risk. The Environmental Working Group (EWG) found that up to 98 percent of all conventional produce, and particularly the type found on its “dirty” fruits list, is contaminated with cancer-causing pesticides.
8)従来のリンゴ、ブドウそしてその他もろもろの”けがれた“果物

多くの人はスーパーで売られているリンゴやブドウ、イチゴを買い物かごに入れながら”健康にいいわ”などと思っているかもしれない。大きな間違いである。有機農法で作られていたり、無農薬というのが証明されたりしていない限り、手に取ったその果物はむしろガンのエサかもしれない。環境活動団体(Environmental Working Group)は98%の一般的な作物(特に果物)が発ガン物質の消毒を含んでいることを発見した。

(小麦ダメ、砂糖ダメと来た上に果物もだめと来た。何を食べろと?)
9) Farmed salmon. Farmed salmon is another high-risk cancer food, according to Dr. David Carpenter, Director of the Institute for Health and the Environment at the University of Albany. According to his assessment, farmed salmon not only lacks vitamin D, but it is often contaminated with carcinogenic chemicals, PCBs (polychlorinated biphenyls), flame retardants, pesticides, and antibiotics.
9)養殖されたサケ

養殖されたサケは”ガン食品”の一つである。デイビッド・カーペンター博士(アルバニー大学の環境健康学の理事)によると養殖のサケはビタミンDの欠如だけでなく発ガン物質を含む化学薬品、ポリ塩化ビフェニル、難燃剤、消毒、そして抗生剤に汚染されていることが多い。

(たぶんサケだけではなく、養殖された魚は大概ダメなんだろう)
10) Hydrogenated oils. They are commonly used to preserve processed foods and keep them shelf-stable. But hydrogenated oils alter the structure and flexibility of cell membranes throughout the body, which can lead to a host of debilitating diseases such as cancer. Some manufacturers are phasing out the use of hydrogenated oils and replacing them with palm oil and other safer alternatives, but trans fats are still widely used in processed foods.

10)水素添加油

  水素添加油は特に加工食品を保存するために使われる。しかしこの油は皮膚細胞の構造を変え、柔軟性を損なわせる。これは体を衰弱させるガンのような病気の巣窟と変えてしまう。いくつかの企業はこの油を使うのを控え、パーム油を使い始めている。

(ツナ缶の油もこれなのか?)

 

日ごろ自分が何を食べているか良く考えてみないといけない。そして子供に何を与えているのかも。

今度、時間を見つけてなぜ牛乳が体に悪いかの文献を訳してみたいと思う。