インテンシブコース

✴️スピーチ・プレゼンテーションコース 

 このコースではスピーチ原稿の作成からスピーチ及びプレゼンテーション(発表)までをできるようにするクラスです。

 今までに習った『単語』『熟語』『構文』を使って文章が書けて話せるレベルになるようにしていきます。

  『原稿を書く』→『直される』→『自分の間違いに気づく』→『原稿を覚える』→『プレゼンテーション』→『話す自信がつく』

 自分の考え、言いたいことを『書く』ことは最強のアウトプットです。そして、書いたことを直してもらうことで正しい文法が『自分の考え』を通して身に付きます。最後に人前で発表することで、英語で話すことに慣れることができます。

✴️文法・試験対策クラス

 英検等に受かるためだけの対策ではなく、文法・単語をしっかりと理解して”分かる”状態で試験に合格することを目指します。

✳️週2回のクラス 

スポーツ、楽器の演奏などと同じように、英語能力も練習する回数が多ければ多いほど成長が早く、レベルも高くなります。週2回クラスに来ることで、習ったことの復習に充てられる時間が多くなります。ただ授業を進めていくだけでは英語は身に付きません。習ったものを反復することで、その習った英語を”自分のものにする”が出来るようになります。そのため「復習」は非常に大事です。

特に頭の柔らかい子供の時期に集中して英語を学ぶことができればかなりの英語力を身につけることが可能です。

週2回コースでは、子供たちどうし「英語で会話」することが可能になります。

英語を話す時は「英語で思考する」。子供たちにこうなってもらうことが、私たちの夢です。

Input インプット

英語を話すためには、英語を知っていなければなりません。そのために必要なことは多くのListening(聞くこと)、 Reading(読むこと)が必要です。Input、知識が多ければ多いほど、英語の素地(土台)が強くなり、将来の英語力に差が出てきます。
Gigglesでは講師はもちろん、友達の会話も英語で行うので常に英語のシャワーを浴びていることになります。

またReading(読むこと)の練習もしっかりとします。これからは英語を話せるだけでなく、「読む」能力が求められてきます。どの言語でも、新しい情報は先ず英語に訳されます。新しい情報をいち早く得るためには「読む」能力が必要となってきます。Gigglesでは本を読む時間を設け、読書を促します。

英語学習の観点からしても「読む」ことは非常に有益です。英語を「読む」ことが習慣化されれば、小説を読んでも、大衆誌を読んでも英語の勉強をしているのと同じことになり、正しい文法、新しい言葉を苦なく覚えられます。

Ipadを授業に導入し、ネイティブスピーカーが国語(英語)の時間に使用する教材を使います。

Outputアウトプット

Inputした英語を「話す」「書く」こと。これがOutputです。英語を知っていても表現する方法を知らなければ、自分の言いたい事を人に伝えることができません。
GigglesではSpeaking(話すこと)を徹底的に練習します。英語も日本語と同じように、状況・相手等によって表現に微妙な違いがでることがあります。クラスでの会話を通して言葉の使い分けを物にし、自然な話す英語を身につけます。

Writing(書く)練習をすることが、実は「話せる」ようになる一番の近道なのです!

 

ページトップへ