マミー&ミーから、現在5歳児のクラス

徳島の英会話学校、ギグルスです。

IMG_1179

 5歳児のクラスのクラスです。

 この子たちはマミー&ミーのクラスから徐々にレベルアップ、クラス進級してきました。フォニックスの基本を学び、現在「読み」「書き」を練習し始めました。

 とても流暢な発音で、非常に驚かされます。来年から週2回のクラスに移行します。英語のエリートになっていき、2,3年後には中学3年生でも読むのが難しい本をスラスラと読んでいるでしょう。

将来この子達が中学生になった時、「中学校の英語は簡単すぎる」と英語で言っている姿が目に浮かびます。

  「日本語も話せないうちから、英語なんて学ぶ必要はない。覚えられるわけがない」とおっしゃる方は多いですが、子供は日本語、英語同時に覚えていきます。見えないところでどんどん英語をため込んでいき、話し出すときは一気です、急に言葉が出始めます。多くの方はなかなか早期英語を始める踏ん切りがつかないか、子供の英語があふれ出るまで溜まるまで待てないので、早期英語を始めても途中で辞めてしまいます。「継続は力なり」これは子供にも当てはまります。

 お子さんに英語を身につけて欲しいと思っておられるならスタートは早ければ早いほど良いです。お腹の中にいるときから子供は言葉を学んでいます。

 先日11ヶ月の赤ちゃんがマミー&ミーのクラスに加わりました。お母さんと一緒に英語を楽しく学んでいます。ギグルスのクラスで使う、マミー&ミーCDで家庭でもリスニングを伸ばしていくでしょう。マミー&ミーの年齢から英語を始められたお子さんは、賢明なご両親を持って本当にラッキーです。

 

 

リスニング強化用、宿題CDが出来ました。

 4月からギグルスでは家庭での勉強に使う、リスニングCDを作っていました。家庭での英語学習の補助として使える上、CD内容は授業内容に関連したものとなっています。photo (2)

 

4歳児のクラスです。クラスが始まる前、自発的にホワイトボードに習ったアルファベットを練習中です。

photo (1)

洋書選びのコツ

 最近、健康にこっているのでマーズとともに健康に関する本をよく読んでいる。私はそんなに読書家ではないので、年間の読書量はよく読んでも40冊~50冊程度。

 しかし、“どうやったら健康になれるか“的な本はどういうわけか、どんどん読める。結局のところ『興味があるから』なんだと思う。

 むかし英語を勉強し始めた時、“本を読んで英語力を伸ばそう”と下心全快で読書に取り組んだが全く上手くいかなかった。有名な作家の本であったり、難しければ難しいほど、ためになると思ったのだが…。ジョン・スタインベックの本は何冊が持っているが全く好きになれず本棚の奥に眠っている。では文法の本を読めば、文法も覚えられて一石二鳥で良いのではないかと思って文法の本を読んだが、これもまた本棚に反対向きに突っ込まれたまま、ここ数年出てきていない。

 “読書はムリか…“ と思ってたまたま買った、“A series of unfortunate events(世にも不幸な物語)“には、バカらしい話しながらも、ハマって一気に13冊読んだものだ。 

 本選びのコツはつまるところ、「読みたいかどうか」であり「読むべきかどうか」ではないということだ。ドラえもんの英語バージョンでも、サザエさんの英語版でも読みたいと思う本であれば、漫画でもばどんどん読むべきだと思う。特に子供に洋書の読書を無理強いするのは避けたい。本嫌いになってはもともこもない。

 子供に本を与える場合は、子供の性格を考慮して本を選ぶとよいと思う。また当人にどんな本が読みたいか聞いても良いかもしれない。他人が選んだ本よりも、自分が選択したものの方が読む可能性は絶対高い。

リスニング力って…

 英語を本格的に勉強し始めた時、洋画をたくさん観たものだ

 特に、ロードオブザリングス(カタカナにすると何か変だ)は渡米前に50回くらい観た。リスニング力をつけるためだった。

 アメリカに住んでからも色々な人と出来るだけ多く話すだけでなく、常にラジオのイヤフォンを耳に突っ込んで聞き流していた(今でもしているが)。最初は何を言っているのか全くわからなかったが、何もしていないよりましと思ってやっていた。

 聞き流しの効果がいきなり現れたのは、(2003年の5月24日に渡米して)2004年の4月30日だ。人の話していることが急に分かるようになった時の衝撃は今でも忘れられない。 それまでは何とか頑張って、人の言っていることに集中して何とか会話についていっていたのだが、その4月30日からは頑張らなくても言っていることを簡単に理解できるようになった。

 リスニング力がついてからの会話力の伸びも、4月30日以前に比べて著しく良くなった。

 リスニング力はなかなか伸びない。がんばってもなかなか聞き取れないものだ、最初は。けれども、しつこく聞き流しをしたり、がんばって映画を理解しようとしたりすることを長く続けていくと(私がそうであったように)リスニング力はいきなり強くなるものだ。

 子供も大人も、英語をがんばろうと思ったら、先ず何より聞き流しから。

読書

小学1年生、本当にがんばっています。将来、洋書をたくさん読む姿が目に浮かびます。何度も強調しますが、読書は英語学習においてもっとも効果的で、効率の良い勉強方法の一つです。子供、大人共に。

ページトップへ