ギグルスの夢

ギグルスイングリッシュの夢は、インターナショナル幼稚園(保育所)、そしてできればインターナショナル小学校の設立です。  

   ”ギグルスは英語教育を志す団体として、いつかインターナショナル保育所もしくは幼稚園を始めるべきだ”と痛切に感じます。帰国子女クラスを持つようになってから特に完全英語保育が必要であると思うようになりました。

 ギグルスイングリッシュが元々、インターナショナル保育所を目指していたのをほとんどの人は知らないかと思います。マーズと二人で英語教育関係の仕事を始めると決めたとき、まず私たちの頭に浮かんだのは完全英語保育の保育所でした。自然な英語を身につけるためには3才から6才の成長期を逃さない手はないと考えたからです。日本人の子供が、小学校に入った時の日本語力の高さを考えてみても、幼少期の言語獲得能力の高さを測ることが出来ます。小学生になる前の言語獲得能力は、小学生になった後より遥かに高いです。 

 第2言語を母国語並に獲得するには、

 ①早い時期から始める(2、3才)、

 ②英語に毎日、長時間触れる

 ③英語を毎日使う

といったことをする必要があると思います。

 英語のリスニング力・スピーキング力をベースとして、読みの力がついて来ることが理想です。バイリンガルに子供を育てるには、日本語が出来てくると同時に、英語が出来る上がってくるというのが理想です。

 ギグルスではフォニックスを0才児から、アルファベットの認識を3才、読み方を4、5才から教えます。これを「早すぎる」や「日本語も出来ないうちから」という人もいますが、英語を母国語としている国では当然のように教えていることですし、年齢的には問題なくできます。現在、ギグルスにある5才児(英語を2、3才から始めた)のクラスがそれが可能なことを証明してくれています。

 ここで必要になってくるのは、家庭での英語の時間です。英語のアニメを観る、音源を聞く、ワークブックをする、本を読むといったことが一般的に挙げられます。言い換えればほとんどの場合、親の協力が必要になってきます。しかし実際は仕事との兼ね合いもあり、家庭ではなかなか英語の時間を子供と持って復習したり予習したりすることは難しいですね。私も子供がいるので良く分かります。特に兄弟がいる場合は大変です。それでも頑張っておられる保護者の方もおられ、ハーフ顔負けの英語力を持っている子もいます。(最近では、「ハーフの子供だからといって英語が話せるとは限らない」というのが一般的に認知されてきていますが…。家庭内言語が日本語となっている場合が多いので) 片親が、ネイティブスピーカーでも、両親が日本人でも子供をバイリンガルに育てるというのは大変な努力が必要だということにはかわりありません。親の不撓不屈の努力が必要になってくるのは否めないです。

 もちろん小学生から始めても大人になってから始めても綺麗な発音を身につけることは出来ますし、ほぼ正しい英語で話せるようになることも可能です。本人の努力も必要ですし、時間もかかります。ギグルスの週2回のコースでは、がっつり鍛えあげますが…。若いほうが楽なのは間違いないです。

 

 ギグルスがインターナショナル保育所を始めることで以下のような効果が期待できる?

 ①保育所に英語教育を任せられることで、英語教育に対して親がリラックスできる。家では日本語をしっかりと身につけられる。

 ②当然、自然な英語が身に付く

 ③インターナショナルな国籍を持つ子供の親(片親が外国人、両親が外国人【この場合は英語は自然と身に付きやすいが。なぜなら家庭内言語は英語になる可能性が高いため】)が子供の英語習得に対して安心できる。英会話学校で働いている親も、自身の子供の英語習得のジレンマに悩まされずに英語教育に集中できる。

 ④わずかながらでも徳島県の英語レベルアップにつながる

  この上に、インターナショナル小学校で日本語以外の科目を英語で行えられれば、この上ない喜びです。

 

 私自身、今年母を63歳で亡くして、人生は意外と短いな、と痛感しています。生きている内にできることは意外と少ないし、年齢に関係なく、やるべきことを後回しにしていけば結局何も出来ないと。

 というわけでギグルスイングリッシュはギグルスに与えられた使命、「英語教育」に集中し脇目をふらず、初志貫徹していきたいと思います。