机探しと自分探し

明日、新しい机を探しにイケアに行こうかなと思っている。バイリンガルコースのクラスで使うためだ。今までは一つの大きな机を使って授業を行っていた。しかし、我々が考える、これからのバイリンガルコースの授業の形態を考えると机の形状、大きさを再考しなければならないと感じた。

Gigglesのクラスは基本的にバイリンガルコースが主体となっている。そしてバイリンガルコースでは、従来の英会話スタイルではなく、外国で行われているようなEnglishのクラスを再現したいと考えている。だから、これからは『一つの机で』といった授業は行えない。

Gigglesの英語教育に対する考え方は恐らく他の英語教室とは大きく異なっているだろう。私たちはこう考える、一旦英語を始めたからにはズバ抜けないと意味がないと。「中学校の英語に楽についていける様になったらたらいいな」ではなく「英語で食べていける」レベルの英語を身につけるべきだと。英語を楽しむためには、むしろその位にならないと大変だ。

中途半端な英語はむしろ自分を苦しめる。全く英語ができない人からは格好良いと思われるが、本当に英語が出来る人やネイティブスピーカーの前では肩身の狭い思いをしなければならないから。どうせやるなら徹底的に。10の事をほどほどに出来るようになるよりも、1つのことでプロ級になる方がよっぽど楽しい。

話はそれたが、明日机を買いに行く予定だ。